貴方は「スマホで交通費精算ができたらいいな……」と思っていませんか?一般的な交通費精算には使いづらい点があるので、交通費精算アプリがおすすめです。しかし、交通費精算アプリを提供しているところは多くあるので、どのアプリを利用すればいいのか分からない人もいるのではないでしょうか?

交通費精算アプリには、スマホで交通費精算を行うことでいつでもどこでも場所や時間を問わずに交通費精算ができるメリットがあります。交通費の精算が手軽にできるようになれば、出先で逐一記録する必要性がありません。

しかし、アプリによっては必要事項を入力しなければならないなどのデメリットもあるので、それぞれのアプリの評判を調べる必要性があるでしょう。

ビジネスマン
しょっちゅう営業や出張に行くので、交通費精算アプリを使ってみたいです。でも、どんなアプリが良いのか数が多いので迷っています。評判の良さも気になりますし、使い勝手の良さも重要なのでどのアプリがおすすめなのか知りたいです。

専門家
会計専門家の私がご質問にお答えします。確かに交通費精算アプリは数が多いので、どのアプリを選べばいいのか迷ってしまいますよね。デメリットが気になるようでは使いにくくなってしまうものです。ですが、どの交通費精算アプリも高性能であり、様々なメリットがあります。必要事項を入力するだけで自動的に交通費を計上してくれますし、経理課の手間が省けるといったメリットも。交通費精算アプリには少なからず気になる点もあるので、どんなメリットやデメリットがあるのかを比較してから導入するのがおすすめです。

交通費精算が面倒な4つの理由

一般的な交通費精算には気になるところが多くあります。交通費の精算がやりにくかったり、申請するのに時間がかかったりと使いづらいと感じる点があるのではないでしょうか。それでは、一般的な交通費精算の気になるところをご説明しましょう。

理由① 精算に時間がかかる

一般的に交通費精算を行う場合、一回の出張などで利用した経路や駅名を思い出しながら、どのくらいの金額がかかったのか記載しなければなりません。経路が思い出せないこともありますし、申請するには手作業で入力しなければならないので作業完了までの時間がかかってしまいます。

理由② 経理課にとってかなり手間がかかる

交通費精算において一番手間がかかっているのが、経理課の担当者です。担当者は申請された交通費の金額が間違っていないか全てチェックしなければなりません。一人だけならまだしも人数が多ければ多いほど経理担当者の負担が重くなっていくので、他の業務にも支障が出てしまいます。

理由③ 履歴の印字とのり付けが大変

交通費の精算をスムーズに行うためには、Suicaなどの利用履歴を印字して申請書にのり付けする必要性があります。この方法で最も面倒なのは、行った駅全ての券売機で利用履歴を印字しなければならないことです。その都度印字しなければならないのは、履歴に印字される件数が100件までだからです。

理由④ 会計ソフトや申請書へ転記する手間がかかる

上記で印字した内容は主に申請書や会計ソフトに転記しなければなりません。しかも全て手動で入力しなければならないのでミスが発生しやすくなり、当然ながら経理担当者はミスがないか、きちんと金額が合ってるか確認するので双方にかなりの手間がかかってしまいます。

交通費精算アプリの3つのメリット

一般的な交通費精算に比べ、交通費精算アプリには様々なメリットがあります。今まで感じていた気になるところが全て改善されたかのような使い心地なので、導入する価値は十分にあります。それでは、交通費精算アプリのメリットについてご説明しましょう。

メリット①経費登録がワンクリックで自動化に

交通費精算アプリのメリットとして、交通費の精算がワンクリックで自動化になることが挙げられます。SuicaなどのICカードに保持されていた履歴を自動的に経費登録してくれます。これまで手作業で入力していた経路、金額、日付もワンクリックで自動的に入力してくれるだけでなく、駅名を入力すれば自動的に経路も表示します。

圧倒的な早さで交通費精算ができるので、手間がかからないのが一番のメリットです。

メリット②ミスが減り、担当者の負担も軽くなる

今までは手作業で入力していたのでミスが発生することがありました。経理担当者もミスがないか、金額が合っているかどうかもチェックしなければならないので負担も大きい問題がありました。しかし、交通費精算アプリであれば自動的に正しい金額が入力されるため、経理担当者がミスや金額が合ってるか確認する必要性がなくなります。

ミスがなくなることで経理担当者の負担が一気に軽くなるのは大きなメリットです。

メリット③不正申請がなくなる

交通費を手動で精算する場合、交通費を水増ししたり改ざんしたりして不正な申請を行うケースがあります。しかし、交通費精算アプリは自動で金額が入力されるため、不正を行うための付け入る隙を与えません。編集して改ざんすることもできますが、編集履歴が必ず残されるので誰がいつ改ざんしたのか一目で分かります。

スマホで使えるおすすめの交通費精算アプリ7選を一挙ご紹介!

ここで、スマホで使えるおすすめの交通費精算アプリを7選ご紹介します。どれも交通費精算を行うのに便利なアプリなので、出先で交通費を手軽に精算できるのは大きなメリットです。それぞれの特徴などを比較して、どれを導入するのか決めましょう。

1.ジョブカン経費精算

サービスHP

ジョブカンは生産は、経費精算の業界の中でも最安水準となっているので非常に安いというメリットがあります。他の経費精算システムだと1ユーザーあたり安くても600円~1000円程度、初期費用も10万円以上とかなり高いですが、ジョブカン経費精算は1ユーザーあたり400円と非常に安く、導入しやすいです。

目的に合わせた承認ルートも細かく分けられますし、勤怠管理システムと連動することで割引してもらえるメリットもあります。

公式サイト:ジョブカン経費精算

2.Dr経費精算

サービスHP

Dr経費精算はスマホでの交通費精算に特化しており、Suicaに保存されている限りの履歴を読み取って交通費が登録できます。経費として計上したい交通費が選べる他、一度手動で入力すれば同じところに行った際にワンタッチで交通費の精算が可能です。無料トライアルもあるので、気になる人は是非とも利用してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:Dr経費精算

3.ハイ!経費

サービスHP

ハイ!経費は交通費の精算において、申請から承認まで全ての流れが自動化できるのが最大のメリットです。初期費用も非常に安く、1ユーザーあたり300円で利用できるので小規模の会社でも手軽に導入できます。あくまで交通費の精算に特化しているので、それ以外の経費精算を行うなら他の経費精算システムを導入するのがおすすめです。

公式サイト:ハイ!経費

4.Concur Expense

サービスHP

Concur Expenseは様々な経費精算システムの中でも国内シェアNo.1を誇る信頼と実績がある経費精算システムです。システムの見える化が完備されていて、交通費から交際費などの全情報を網羅しており、なおかつたった数分で交通費の精算ができるなど様々なメリットがあります。

公式サイト:Concur Expense

5.楽楽精算

サービスHP

楽楽精算は非常にコストパフォーマンスに優れた経費精算システムであり、中小企業を中心に様々な企業が導入しています。特に交通費精算の効率は非常に良く設定されていて、コストパフォーマンス以上に役立つ交通費精算ができるでしょう。エクセルなどを使用するので手間はかかりますが、それでも交通費の精算は非常にやりやすくなります。

公式サイト:楽楽精算

6.MFクラウド経費

サービスHP

MFクラウド経費はSuicaなどの交通系ICカードをワンタッチで履歴を読み込んでくれるメリットがあります。隙間時間に交通費の精算ができるので、本来であれば履歴がいっぱいになりやすい交通系ICカードでも問題なく交通費の精算が可能です。

公式サイト:MFクラウド経費

7.Streamed

サービスHP

Streamedは交通費精算に特化した経費精算システムで、オペレーターによる自動入力機能があるので領収書や請求書を手作業で入力する必要性がありません。様々な会計ソフトに対応しており、学習機能も搭載されていることから同じ場所に何回も行くことになっても入力や仕分け作業の手間が省けます。

公式サイト:Streamed

まとめ

一般的な交通費の精算は手作業で入力しなければならず、経理の担当者もミスがないか、金額が合っているか確認しなければならないので双方共に手間がかかります。しかし、交通費精算アプリを導入することによって、手作業で交通費を精算する必要性がなくなります。

どんな企業でも交通費の精算に時間を取られることがなくなれば、業務の効率化と共に生産性などの向上に繋がるでしょう。もし交通費精算をもっと効率的にしたいなら、交通費精算アプリを導入してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事