経費精算や交通費の計算を楽にしてくれる「rakumoケイヒ」の導入を考えていますか?クラウド拡張型の経費計算システム「rakumoケイヒ」を使えば、、経費精算業務をかなり効率化できます。ただ、評判も気になりますよね?

「rakumoケイヒ」の特徴として、交通系ICカードと連携して交通費を自動で計算してくれたり、領収書をスマホで撮って送信するだけでデータを取り組んでくれたりなど、経理する人間にとって便利な機能が豊富に織り込まれています。料金は1アカウント月額300円とかなりリーズナブルです。オプション機能付きの「rakumoケイヒパック」プランでも、1アカウント月額600円で利用できます。

「rakumoケイヒ」を使うことで、「領収書の処理時間が減った」「残高が合わず金額を帳尻合わせする時間が少なくなった」「紙のレシートを保存する場所がスッキリした」などメリットがたくさん報告されています。一方、拡張型ツールの「rakumoケイヒ」は単体では利用できず、G SuiteまたはSalesforceのアカウントを取得しなければならない、といったデメリットがあります。

経理課
「rakumoケイヒ」を使うことで経理の仕事がかなり楽になりそうね。「rakumoケイヒ」についての興味が俄然わいてきたわ!「rakumoケイヒ」を自社に導入するにあたって、他にもどんなメリットやデメリットがあるのか、どんな会社が運営しているのか、料金やサービス内容などをもっと詳しく知りたいわね。
専門家
経費精算システムの導入は会社にとって大きな変更になるので、運営会社や料金などの基本的な情報は気になりますよね。「rakumoケイヒ」の気になる部分をすべて紹介しますね!

「rakumoケイヒ」の基本情報

rakumo 株式会社が運営している「rakumoケイヒ」は、1アカウント300円から利用できるリーズナブルな料金設定になっています。管理画面が見やすく、スケジューラーとの連携をすることで交通費情報を自動で計算してくれる、クラウド型経費計算ソフトです。

料金 ・rakumoケイヒ…1アカウント300円/月
・rakumoケイヒパック…1アカウント600円/月
サービス内容 交通経路・交通費の自動反映、領収書登録など
機能 ・路線検索機能
・スマートフォン対応
・ワークフロー機能
・会計システム連携
・電子帳簿保存法対応
導入会社 rakumo 株式会社(東京都千代田区麹町3-2 垣見麹町ビル6階)

 

「rakumoケイヒ」の3つの特徴

「rakumoケイヒ」の3つの特徴を紹介します。

特徴①【スケジューラーと連動】交通費の計算がカンタン

「rakumoケイヒ」の交通費自動計算機能

経理作業で頭を悩ませるのが交通費の計算です。「rakumoケイヒ」では、往復の交通情報を入力するだけで定期区間を自動で割り出して計算してくれます。

特徴②【領収書添付機能】紙媒体の管理を削減

「rakumoケイヒ」の領収書添付機能

毎月たまっていくレシートや領収書の管理や保存の手間をなくしてくれるのが、「rakumoケイヒ」の領収書添付機能です。スマホで領主書をスキャンし送信するだけで電子的なデータ保存が可能となります。

特徴③【ワークフローのコメント機能】差し戻しにも安心

「rakumoケイヒ」のワークフロー機能

領収者の日付や金額に間違いがあると、担当者に確認をとるのが大変だったりします。「rakumoケイヒ」のワークフローにあるコメント機能を使えば、「差し戻し」を受けてもワークフロー上でコメントを付けられるため、申請や確認のお願いがスムーズにできます。

「rakumoケイヒ」の評判・口コミは?

「rakumoケイヒ」を実際に使ってみた企業の評判や口コミを紹介します。

「交通系ICカード対応の経費精算システムよりも低コストで導入できたため、rakumo ケイヒへのリプレースには大いに満足しています。」(株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン)

参考文献:ケイヒ - rakumo ラクモ

「rakumo ケイヒは、カレンダーやワークフローと合わせて使うことで営業も経理部門も全社の業務工数を削減でき、すぐに導入させていただきました。」(メディカル・データ・ビジョン株式会社)

参考文献:ケイヒ - rakumo ラクモ

「移動時間も含めてカレンダーで表示することができ、さらに移動の経路や交通費がrakumo ケイヒへデータ連携されることが気に入っています。」(株式会社 StudioGOONEYS)

参考文献:ケイヒ - rakumo ラクモ

「rakumoケイヒ」のメリット3つを解説

「rakumoケイヒ」のメリットについて、いくつか紹介します。

メリット① クラウド拡張型で導入がカンタン

「rakumoケイヒ」は、クラウド拡張型の経費精算システムのため、G Suiteをすでに活用している企業であれば、初期費用をかけずに始めることができます。「rakumoケイヒ」などのクラウド拡張型ではなく、パッケージソフトを1から買うと高額な費用を負担しなければいけなくなりますが、G Suiteを使っているのであれば「rakumoケイヒ」を追加するだけなので、導入が非常にカンタンです。

メリット②アプリケーション間の連携が優秀

「rakumoケイヒ」は連携可能なサービスが多いため、無駄な手間を省き、作業スピードを上げることができます。例えば、「rakumoカレンダー」と「rakumo ケイヒ」を連携すれば、外出する予定だけでなく交通費まで自動で計算してくれるため、経理課の面倒な作業をグッと減らすことができます。

メリット③ フローの可視化で作業向上

rakumoのワークフローは、ただ機械的にリストアップするのではなく、社員やグループのフローを見やすいよう可視化することで、申請や承認などの作業を円滑にすすめられるようになっています。誰が、いつ、何をしたのかが一目でわかるため、現状を把握しやすいメリットがあります。

メリット④直観的な操作画面で機械が苦手な人も安心

「rakumoケイヒ」はデジタル機器に弱い人でも直観的に操作しやすいよう作られています。今までシステム導入をしたことない人でも、スムーズに管理できると好評です。

「rakumoケイヒ」のデメリット2つを解説

デメリット① グループウェアの導入が必要

「rakumoケイヒ」は単体では使えないため、G Suiteの導入が必要になります。ワークフローを単体で購入したかった人には、初期費用に余分の負担がかかってしまいます。とはいえ、「rakumoケイヒ」はコスパに優れていますので、経費計算システムの購入を考えているなら候補に入れることをオススメします。

デメリット② ワークフローのコメント欄が小さい

可視化に優れているとはいえ、ワークフローのコメント欄が小さいので、コメントが長くなると別途メモ帳などに書き込んで貼り付ける必要があります。対処法として、コメント枠をドラッグして広げることもできますので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

まとめ

経費精算や交通費の計算を楽にしてくれる「rakumoケイヒ」について考えてきました。「rakumoケイヒ」はクラウド拡張型の経費精算システムのため、すでにG Suiteを利用しているのであれば初期費用0円でカンタンに導入することができます。

領収書やレシートの整理に追われていたり、保管場所に困っているなら経費計算システムは必須と言えます。さまざまなグループウェアと連携することで、日々の負担をかなり軽減でき、企業の作業効率アップにもつながります。経費計算システムの導入を考えているなら、ぜひ「rakumoケイヒ」を候補に入れるようオススメします。

さらに詳細が知りたい方は、「rakumoケイヒ」公式サイトで情報を得ることができます。

おすすめの記事