経費精算業務の効率化のためにらくらく旅費経費.netの導入をお考えの方も多いのではないでしょうか。ただ、様々な種類がある中から経費精算システムを選ぶためには評判も気になりますよね?

らくらく旅費経費.netは、バックオフィスソリューションシステム「らくらくBOSS」シリーズのひとつで、交通費や出張費、会議費などの立替経費精算の申請、承認、会計処理を効率化するシステムです。

利用料金は、クラウド版とオンプレミス版で異なりますが、クラウド版の料金は業界最安値価格で設定されており、月額月額300円(税抜)、初期導入費用が10万円〜となっています。オンプレミス版については、企業や使用環境により価格が異なるため、都度見積もりが必要です。

らくらく旅費経費.netを導入することで、「外出先でも経費申請や承認ができ、作業効率が上がった」、「経費申請の誤りがなくなった」などと多数報告が寄せられています。しかしながら、電子帳簿保存法に対応していないことや、領収書の自動入力機能がないので領収書は手入力といったデメリットもあります。

ケイヒさん
仕事の効率化のために、らくらく旅費経費.netの導入を考えているんだけど、
実際にどのくらい効率化できるのかな?それに同じようなシステムって結構あるけど、何が違うのかな?

セイコさん
私がその疑問にお答えしましょう!
らくらく旅費経費.netの詳しい情報や実際に導入している企業からの評判や口コミ
実際使ってみてのメリット・デメリットなどをご紹介します!

らくらく旅費経費.netの基本情報

株式会社無限が運営する「らくらくBOSSシリーズ」の中の1つにらくらく旅費経費.netはあります。手軽に導入できる価格設定や交通系ICカードや駅すぱあとと連動し、交通費精算等をスマホでどこからでも簡単に申請・承認できることが人気のバックオフィスソリューションシステムです。

システム名 らくらく旅費経費.net
導入費用 オンプレミス …  都度要見積もり
クラウド型 …  100,000円〜
月額料金 オンプレミス型 …  要見積もり
クラウド型 …  1ライセンス300円(税抜)
サービス
経費精算に必要な業務の効率化
機能

定期券区間控除、交通系ICカード取込、仮払金申請、駅すぱあと連動、承認フロー分岐手当の自動計算、領収書画像添付対応、明細ごとの費用負担部門設定、CSV取込機能、会計システム連携、
交際費精算、申請書の入力フィールド設定、スマホ対応

無料トライアル期間 14日間
導入企業  株式会社東急ハンズ
株式会社コーセー
ぴあ株式会社
アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社
運営会社 株式会社無限

     

    らくらく旅費経費.netの3つの特徴

    らくらく旅費経費.netの特徴を3つご紹介します。参考にしてみてはいかがでしょうか。

    特徴① 経費申請や精算を簡単に行うことができる

    らくらく旅費経費

    らくらく旅費経費.netは、駅すぱあとや交通系ICカードと連携しており、定期区間分を自動で控除してくれたり、経費の自動計算を行うことができます。スマホからも申請や承認が可能なので、移動時間などの隙間時間に作業を行うことが可能です。

     

    特徴②  仮払金・前払金・小口現金まで対応している

    らくらく旅費経費.netは、仮払金にも対応しています。出張申請書・経費申請書に仮払金欄が用意され、実際にかかった費用との差額を精算できるのです。前払金や小口現金出金まで、らくらく旅費経費.netで対応可能です。交通系ICカードや駅すぱーとと連携していてデータの取り込みができてICカードの利用履歴をそのまま利用するので入力ミスも起こりません。

    特徴③ ニーズに合わせてプランが選べる

    コスト的にも手軽に導入できるクラウド版とシステムをクライアントが管理している設備に設置し、運用することができる導入方法のオンプレミス版という2種類からニーズに合わせて選択することができます。

    らくらく旅費経費.netの評判・クチコミは?

    導入した企業からは、以下のような評判が見られました。

    【良い点】他社の製品を利用していましたが、サポート体制が非常に悪く乗り換えを検討していた際に 「らくらく定期,net」のサポート体制が充実していたので利用を決めました。 機能的には他社と遜色ないにもかかわらず、導入しやすい料金でした。 また、初めての導入の際にはサポートを手やすく行って頂き、利用後に不明なことがあれば電話での問い合わせ対応もきちんとしてくれました。
    【改善点】IPhoneのアプリがあると嬉しいです。

    引用元:ボクシルSaaS - 法人向けSaaSの比較・検索サイト

    私が申請内容の確認を担当していますが、これまでは内容を 1 行ご とにウェブで確認するといった大変手間のかかる作業を行っていました。 あまりに手間取るので、以前は経路チェックだけ他の人に頼んでやっても らっていたくらいです。しかし、今は連動する「駅すぱあと」で情報を確 認でき、これらの作業は手がかからなくなりました。これまでは申請に間 違いがあると、「経路が間違っています」「金額が違います」と、いちいち 本人に伝え、正しい内容に修正してもらっていました。今ではそんな修正作業もほぼなくなりました。

    引用元:らくらくBOSS

    営業スタッフは訪問先が多く「精算用紙への記載に時間がかかる」ほか、「承認~精算までに時間がかかる」、「管理が煩雑」など多くの問題がありました。導入前にデモを拝見した時「これは使いやすそうだ」という実感がありましたが、現場の反応も上々。「精算書作成の時間が大幅に削減された」との声が挙がっています。

    引用元:クラウド型交通費精算システム完全ガイド

    らくらく旅費経費.net導入の3つのメリット

    メリット① コストの大幅削減が可能

    らくらく旅費経費.net経費削減事例

    らくらく旅費経費.netを導入すれば、大きなコスト削減効果が期待できます。従業員数300名の企業でらくらく旅費経費.netを導入した結果、以前は750万円かかっていたコストを240万円に約68%も削減することに成功しました。

    メリット② 導入後のサポートが手厚い

    導入前のサポートだけでなく、導入後も手厚いサポートを受けることができます。不明点があっても電話やメールでの対応はもちろん、定期的に製品勉強会が開催されたり実際に企業へ担当者が来てくれて操作方法等の指導を行うオンサイト対応などで不安点を取り除いてくれます。

    メリット③ ペーパーレス化を実現できる

    ペーパーレス,スマホ

    らくらく旅費経費.netを導入すると、経費の手続きには基本的に紙を使わず種別ごとに統一したワークフローで処理します。紙ベースでの申請に比べ、修正も簡単にでき、申請書の紛失の心配もないペーパレス化を実現します。

    らくらく旅費経費.net導入の2つのデメリット

    デメリット① 電子帳簿保存法に対応していない

    らくらく旅費経費.netは、電子帳簿保存法に対応していません。領収書を電子データの形で保存するための機能がないほか、電子データ化することができません。また、タイムスタンプ付与機能もありません。

    デメリット② 領収書自動入力機能はない

    他の経費精算システムでは、領収書をスマホで撮影するとその情報を自動でデータ化してくれる機能がついているものもありますが、らくらく旅費経費.netにはその機能がなく、手入力の必要があります。

    まとめ

    経費精算の面倒な計算等をシステムで自動で計算することで、計算ミスも防げて修正や作業負担を減らしてくれるのが、この「らくらく旅費経費.net」です。本来の業務に集中できる状態を作ることで生産性のアップも期待できます。管理者側での処理や承認も簡単にできるシステムとなっています。

    費用が業界最安値でもあり、事前に無料で試せる期間もあることから手軽に導入できることも魅力です。経費精算システムの導入をお考えの方は、一度「らくらく旅費経費.net」を試してみてはいかがでしょうか。

    おすすめの記事