貴方はfreee経費精算の導入を考えていませんか?freee経費精算には様々なメリットがあるとはいえ、どんな評判があるのか気になりますよね?

freee経費精算とは会計ソフトのfreeeを使って経費を精算する方法であり、会計ソフトを利用するには30日間無料のお試しプラン、月々税抜き2380円のミニマムプラン、月々税抜き4780円のベーシックプランがあります。

freee経費精算のメリットは、会計への経費登録が1クリックで次々とできてしまうことです。また、スマホのカメラで領収書を撮影して必要項目を入力すれば経費の申請が簡単にできます。さらに、経費精算業務が会計と連動していることによって、会計業務や経費精算の大幅な効率化ができたといった口コミもあります。

経理課
freee経費精算を導入してみたいのですが、実際の使い勝手や評判がどんなものか知りたいです。もっと経費を簡単に精算できれば効率的に会計を行うことができるとはいえ、初めて目にするfreee経費精算を本当に使いこなせるか不安です。freee経費精算は本当に効率的なのでしょうか?
専門家
会計専門家の私が疑問にお答えします。確かに初めて導入するものを使いこなせるかどうか不安に思いますよね。しかし、freee経費精算を導入したことで今までよりも効率的に経費が精算できている企業は数知れないため、導入する価値は十分にあるでしょう。freee経費精算を導入することにより、たった一回クリックするだけで自動で経費を支払ってくれるメリットがあります。特に経費精算が効率的になるので評判が良く、多くの企業が導入しています。しかし、承認経路がシンプルのまま変えられないため承認先を自動分岐させるといったことができません。もしも御社の社内規定が厳しく決められている場合は、あまりおすすめできないかもしれません。

freee経費精算の基本情報

freee株式会社はお得な料金やサービス内容によって大手企業から中小企業まで様々な企業が効率良く経費精算を行っています。もしも経費精算をもっと効率的に行いたいのであれば、freee株式会社が提供するfreee経費精算を利用してみるのがおすすめです。

料金 ベーシックプラン・月々税抜き4780円
サービス内容 経費精算に必要な業務の効率化
機能 経費精算、レポート機能、自動で経理機能
導入している企業 税理士事務所や会計事務所、NPO法人等
運営会社 freee株式会社

freee経費精算の3つの特徴

特徴①経費登録が簡単にできる

<Alt>領収書の経費</Alt>

まず最初に、会計への経費登録が簡単にできるのが最大の特徴です。経費精算ソフトには会計ソフトと同様に経費精算システムが搭載されているため、一回クリックするだけで経費の申請書が会計に送られ、経費として計上できるようになります。

今までの経費精算は一手間かけなければならなかったので、それを一回のクリックでできるのはとても大きなポイントです。

特徴②スマホで領収書を撮影するだけ

<Alt>スマホで撮影</Alt>

freee経費精算はスマホで領収書を撮影して、必要事項を全て入力するだけで経費の申請ができるのが特徴です。今までは手作業で経費を計上していたので、人為的なミスが少なからず起こる可能性がありました。しかし、スマホで撮影するだけでいいので、ミスを限りなく少なくすることができます。

手作業による経費の申請がなくなっただけでも、経費申請の大幅な効率化が実現できるでしょう。

特徴③全国どこにいても承認される

<Alt>どこにいても承認される</Alt>

スマホから経費精算システムを利用することで、全国どこにいても経費申請が承認されるのも大きな特徴です。承認されたかどうかもスマホからすぐに確認できるので、出張などで遠くにいても手軽に経費を申請できます。今まではまとめて経費を計上する必要性があったので、領収書などを失くしてしまっているケースがありました。

しかし、freee経費精算を利用すればその場ですぐに計上できるので、申請漏れを防ぐことができます。

freee経費精算の評判・口コミは?

実際にfreee経費精算を利用してみた人の評判や口コミをご紹介します。

もともとfreeeは会計の方で利用していたこともあり、導入の際にほとんど抵抗なくどの従業員も利用できたと思います。 何より経費精算業務がそのまま会計と連動してくれることで、その辺りの業務がかなり大きく効率化できたと実感しています。申請も非常に簡単なので、後回しにせずにその場で処理できるのも非常に良い点であると思います。

引用元:経費精算freeeの評判と価格

NPO法人は、慢性的に人が足りていません。ウチでも専任の経理担当者は雇わずに、私が自分で経理をしています。そのような環境でこそ、「freee」のようにバックオフィス業務を効率化できるツールの力が活きてくると思います。これからの日本社会はどんどん労働人口が減っていきますが、それは経理人材という意味でも同様だと思っています。そんな中、会計の専門知識がない方でも利用できる「freee」は、会計知識がない方でも手軽に利用することが出来るため、経理人材の不足している中小企業におすすめですね。

引用元:「経費精算freee」の評判や料金を徹底調査

freee導入後は、1ヶ月あたり1週間かかっていた経理作業の時間が約2日に短縮できました。そのおかげで経営者である私自ら営業に出かける機会や、経営についてじっくり考える時間が十分確保できるようになりました。

引用元:【最新版】freee(フリー)の評判は?MFクラウドと徹底比較!

freee経費精算のメリット3つを解説

メリット①自動で経理機能

freee経費精算には、自動で経理機能が搭載されています。これはfreee経費精算にクレジットカードの情報や銀行の口座情報を登録しておくことで、自動で明細を取得した上で自動的に経費として申請できる項目を仕訳してくれるものです。

AIが自動的に仕訳してくれることから使えば使うほど学習して精度が高まるため、より正確な仕訳を行ってくれるでしょう。

メリット②経費分析が簡単

freee経費精算は集計表を初めとするレポート機能が搭載されているので、経費の分析がやりやすいメリットがあります。今までは自分で部門別やプロジェクト毎に領収書などを集計して分析しなければならなかったので、またもや人為的なミスが発生する可能性があります。

freee経費精算によって部門別などに集計しやすくなれば、より経費の申請がやりやすくなります。

メリット③セキュリティ対策やデータの保護などが万全

freee経費精算を利用する人にとって心配なのはセキュリティ対策などですが、freee経費精算では情報漏洩対策を徹底して行っており、重要なデータが消えてしまわないようにデータの保護機能も充実しています。暗号化や個人情報の漏えい、バックアップや更新履歴からの呼び出しなど、多方面からユーザーをサポートしてくれます。

freee経費精算のデメリット3つを解説

デメリット①交通費を経費として申請しにくい

多くの経費精算システムでは交通費も簡単に経費申請を行うことができますが、freee経費精算では交通機関を利用した日付や経路、運賃などを手動で入力しなければなりません。自動計算も自動入力も行ってくれないので、自分で覚えている限りの情報を入力することになります。

これは時間が経つほど忘れてしまう可能性があるので、早めに経費精算を行う必要性が迫られるでしょう。

デメリット②出張した時の経費精算がやりにくい

freee経費精算では、出張する時の事前申請ができず、仮払金などの支払いにも対応しておらず、出張申請書も経費精算できず、出張手当の設定もできないなど、とことん出張することに関するデメリットが多いです。このことから出張が多い人には大変扱いづらい経費精算システムだと言えるでしょう。

デメリット③経費精算プランが利用できるのは上位プランだけ

freee経費精算では経費精算の機能を使う場合、ベーシックプランやプレミアムプラン、プロフェッショナルプラン、エンタープライズプランの上位プランを利用しなければなりません。これらは他のプランよりも高額な月額料金を支払わなければ利用できないので、コストに見合ったメリットの恩恵を受けられるかどうかをよく考えなければなりません。

まとめ

経費を申請するには手作業で何を経費として計上するのか手間をかけることになります。経費の形状だけで時間が取られてしまうようだと非効率なので、評判が良いfreee経費精算を導入することによって大変効率的な経費精算ができるようになるでしょう。

どんなメリットやデメリットがあるのかを知ることで、本当に今の自分に必要なシステムかどうかが判断できます。効率的な経費精算を行うなら、是非ともfreee経費精算を導入してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事