毎日の営業や出張などで交通費がいろいろかかるものです。費やすごとにメモをしたり、領収書を見ながらマニュアル記入をするのでは無駄な時間がかかってしまいます。

そこでビジネスマンの間で話題になっている、無料交通費精算アプリに注目してみましょう。面倒な交通費をアプリが自動的に計算してくれますが、実際の評判が気になりますよね?

交通費精算アプリは、必要事項をインプットするだけで精算管理ができます。その場で使用した交通費を経理に送信でき、承認してもらえるので交通費申請に大幅な手間を省くことができます。

交通系ICカードとの連携記録したデータをCSVファイルにまとめて閲覧できるのも魅力です。基本的な操作はアプリそれぞれ同じですが、目的に合わせたこだわりのアプリが利用できます。

実際、無料交通費精算アプリを使用した方は、タクシーや掛け持ちで仕事をしている時に役に立ったなど、個人からビジネスまで快適な使用を実感しているようです。一方で、カスタマイズがしにくい、機能によって有料になるなどのデメリットもあります。

経理課
無料で交通費精算をしてくれるアプリをすぐに使ってみたくなるわ!どこまで無料で交通費精算を容易にしてくれるのか詳しい内容を知りたいわ
専門家
無料交通費精算アプリなら、経理さんだけでなく申請者も交通費の取り扱いがかなりラクになります。ここで私がおすすめする4つのアプリの特徴や比較、そしてメリット、デメリットをお伝えします!

無料交通費精算アプリの3つのメリット

無料交通費精算アプリのメリットを3つチェックしましょう。

メリット① 交通費申請の時短

毎日使った交通費をオフィスで申請する手間が省けます。仕事に集中することができ、申請し忘れも防止できます。経理の方もデータが読みやすくなり、効率良い処理を行うことができます。

メリット② 交通費申請漏れを回避

重なる交通費を使うたびに自動入力でき、駅間の料金を正確に申請でき、間違いのない支払いを受けることができます。営業で乗り降りをしても漏れなく入力してくれます。

メリット③ 交通費の騙しを防止

マニュアル式ですと、好きなように交通費を騙すことができます。しかし自動に精算されるアプリでは、実際費やした以外の出費は記録されません。プラマイなしの安全な申請を処理することができます。

無料交通費精算アプリのデメリット

無料交通費精算アプリのデメリットを2つチェックしましょう。

デメリット① カスタマイズに不向き

無料交通費精算アプリは、定型のフォームを使用するのが基本です。プラグインをしたり拡張できないので、込み入ったワークフロー機能には向いていません。

デメリット② 無料プランは機能に制限される

無料で使用できるメリットがありますが、全機能が使用できません。無料トライアル期間を設けたアプリで、会社に十分な機能であるかチェックしましょう。

無料交通費精算アプリの3つの特徴

無料交通費精算アプリの主な特徴を3つまとめました。

特徴① 駅名を入力するだけで交通費を算出できる

交通費精算freee

使用した駅名をインプットするだけで、区間の料金を自動に計算してくれます。どこの駅で乗り降りしたか思い出したり、メモをする必要がありません。保存した交通費データは、CSVで出力することができ、一目で交通費を確認することができます。

特徴② クレジットカードやICカードとの連携

ICカードの履歴を自動入力

クレジットカードやICカードの連携ができる無料交通費精算アプリもあります。支出履歴を探し出す必要がなく、ダイレクトに記録できるメリットがあります。見落としがちなカード類の精算を確実に行うことができます。

特徴③ 領収書を撮影して自動入力できる

領収書をスキャンして自動保存

紛失しやすい領収書をOCRやオペレーターを通して自動で入力できます。日付や支払先がしっかり保存されるので、後でトラブルが起こった時もスムーズに経理の方と対処できます。また、電子帳簿への保存ができるので、領収書の束から解放されます。

無料交通費精算アプリ4選の機能と価格を徹底比較

無料交通費精算アプリのタイプと機能を比較表にまとめました。

Dr.経費精算 ジョブカン 交通費ノート  Streamed
トライアル 15日間 30日間 なし なし
機能
  • 交通費自動申請
  • 領収書オペレーター代行入力
  • 電子帳簿保存
  • ICカードやクレジットカード連携
  • 仮払いシステム
  • 乗り換え案内付き交通費自動精算
  • ワークフロー
  • 自動給与振込
  • 仕訳データ管理
  • フィルター承認
  • 勤怠管理
  • 自動駅区間精算システム
  • CSVファイルエクスポート
  • 駅間の料金検索
  • 撮影した領収書をオペレーターが電子帳簿保存
  • CSVファイル出力

おすすめ無料交通費精算アプリ4選

無料交通費精算アプリを4選チェックしましょう。

第1位「Dr.経費精算」

15日間全機能トライアル無料の「Dr.経費精算」は、見やすい機能と画面で大量の交通費申請がスムーズにできます。領収書の撮影はオペレーターが行ってくれるので、登録ミスがなく安全なやりとりができます。電子帳簿保存も対応しており、ICカードは1日最大で100件の連携が可能です。

機能
  • 交通費自動申請
  • 領収書オペレーター代行入力
  • 電子帳簿保存
  • ICカードやクレジットカード連携
  • 仮払いシステム

「Dr.経費精算」を使用した方の評判と口コミ

機械が読み取るOCRのソフトをトライアルしたのですが、あまり精度が高くないため、結局自分で入力し直しということが多かったです。Dr.経費精算だと、人が入力してくれるから、精度が段違いに高いし、手書きでも読み取ってくれるので、本当に撮るだけで申請ができるようになりました。  参考文献:Dr.経費精算

第2位「ジョブカン」

ジョブカン経費精算

「ジョブカン」は定期券の通勤ルートを省いた交通費を精算したり、乗り換え案内機能で、エコノミーな交通費を指示してくれます。ICカードの履歴も使用ごとに記録でき、その場で申請と承認が可能です。

また、積み重なる支出をカテゴリー別に閲覧したい内容をまとめて一覧表にしたり、担当者を振り分ける分岐機能も利用できます。全機能を30日間の無料トライアル後は、機能制限の無料プランが利用できます。

ジョブカンの公式サイトはこちら

機能
  • 乗り換え案内付き交通費自動精算
  • ワークフロー
  • 自動給与振込
  • 仕訳データ管理
  • フィルター承認
  • 勤怠管理

「ジョブカン」を使用した方の評判と口コミ

やっぱり一番は交通費精算機能ですね。駅名を入れたら自動で経路と金額を出してくれるのが非常に便利との声が多いですね。Googleスプレッドシート管理ではありえないことだったのでみんなに感謝されます。

参考文献:ジョブカン経費精算

第3位 「交通費ノート」

駅の乗降をタップ

完全無料の「交通費ノート」は、スマホやipad、iphoneにダウンロードできる簡単無料交通費精算アプリです。シンプルな機能ですっきりとした表示で全てのビジネスマンにおすすめです。乗降時に自動に表示される駅名をタップするだけで、区間の金額が計算されます。交通費データはCSVにまとめてメール送信できます。

交通費ノートダウンロードはこちら

機能
  • 自動駅区間精算システム
  • CSVファイルエクスポート

「交通費ノート」を使用した方の評判と口コミ

シンプルで良い!後、メモを入れれば最高

参考文献:App Storeプレビュー

第4位 「Streamed」

「Streamed」は、領収書の撮影をオペレーターが電子帳簿に保存してくれます。初心者でもエラーなしに大量の領収書がインプットでき、かさばるレシートから解放されるでしょう。パソコンで支出データの履歴が一目で確認でき、CSVファイルで出力も可能です。

機能
  • 駅間の料金検索
  • 撮影した領収書をオペレーターが電子帳簿保存
  • CSVファイル出力

「Streamed」を使用した方の評判と口コミ

同じカメラ使うアプリなのに領収書の Streamed のカメラは手動で合わせてかつゆっくりとしかピントが合わないのに、名刺の Eight はバシッと瞬間的に自動で合う。作ってる人のUIとかに対する気概の問題なのだろうか。  参考文献:Twitter 

まとめ

無料交通費精算アプリは、会社や個人のスタイルに合わせて使用することで快適な申請処理をサポートしてくれます。多機能も考慮に入れながら、ベターなワークフローに役立ててください。

おすすめの記事