経費精算にかかる時間や手間を大幅に削減させるため、「ジョブカン経費精算」の導入を考えているという企業も少なくありません。すでに3,000以上もの企業が導入している経費精算システムですが、自社で導入するとなると気になるのが、その評判や使い心地ではないでしょうか。

「ジョブカン経費精算」の最大の特徴は1ユーザー当たり月額400円という業界最安の価格でありながら、経理担当者があると便利だと思う機能の多くを備えているというコスパの良さです。特に、交通系ICカードを使った勤怠管理サービスとの連携は人気のサービスです。

コスパの良さが魅力の「ジョブカン経費精算」ですが、経費精算の合理化をとことん追求したい会社にはもの足りないシステムかもしれません。電子帳簿保存法に対応はしているものの、OCR機能などは搭載されていないので、領収書やレシートの自動読み取りはできず、自分で入力しなければいけないというデメリットがあります。

経理部社員
「ジョブカン経費精算」の導入を考えているのですが、すでに導入している企業からの評判や実際の使い心地はどうなのかが気になります。経費精算にかかる時間や手間を大幅にカットし、効率的に会計ができるようになれば、従業員一人ひとりが本来の業務に集中できるので良いとは思うのですが、使いこなせなければ余計な手間になってしまうとも思います。実際のところはどうなのでしょうか?

専門家
会計専門家の私がそのご不安にお応えします。導入にあたって、使い心地などの面でご不安があるのはごもっともです。2016年にサービス提供を開始して以来、「ジョブカン経費精算」を実際に導入している企業は、実際に3,000社以上あり、シンプルで分かりやすいインターフェイスで、迷わずに申請や承認の作業をおこなえると評判です。ただ、機能面で物足りなさを感じる企業もあるようで、特にレシートなどを手入力しなければいけない、クレジットカードと連携していないなどの面で使いにくさを感じているユーザーもいらっしゃいます。

「ジョブカン経費精算」の5つのメリット

「ジョブカン経費精算」は低コストでありながら使いやすいというコスパの良さが多くの企業から高評価を得ている秘訣です。ここではそれらの高い評価を得る根拠となっている「ジョブカン経費精算」の5つのメリットについて、一つずつご説明していきます。

メリット① 1ユーザー当たり月額400円という魅力的な低価格!

料金表

「ジョブカン経費精算」の利用料金は、最低利用料金5,000円で、1ユーザー当たり月額400円です。しかも、初期費用、サポート費用はともに0円となっており、実質費用がかかりません。さらに、ほかの姉妹サービスと同時に導入することで月額が割安になります。例えば、勤怠管理システムと同時に導入することで、1ユーザー当たり月額350円に抑えることも可能ですし、ワークフローと同時に導入することで、両方合わせた月額が1ユーザー当たり600円になるなど、さらにコストを抑えられます。

これだけ、費用を抑えて導入可能な上に、必要な機能はきちんと提供されていることから、コスパの良さが高く評価されているサービスです。

メリット② 5つの姉妹サービスでより便利に!

姉妹サービス

「ジョブカン経費精算」の魅力は、ジョブカンワークフロー、ジョブカン勤怠管理、ジョブカン給与計算、ジョブカン採用管理、ジョブカン労務管理といったサービスの豊富さです。これらの姉妹サービスを併せて導入することで、効率よく社内のさまざまな申請をクラウドで管理することが可能になります。

 

例えば、ジョブカン勤怠管理と併せて導入することで、交通系のICカードで勤怠を打刻できると同時に、ICカードの経路などの利用履歴の情報を読み取って、ジョブカン経費精算に自動的に登録することが可能になります。この機能により、交通費精算のための申請作業や経理担当者が改めて、通勤経路を検索して、定期区間との被りがないかなどの確認をする手間が省かれます。

 

社内ITチーム 女性
稟議や申請書も一元管理できていなかったので、それらも全て整備してジョブカンワークフローに集約しました。「なんでもジョブカンから申請してね」と社内にアナウンスできますし、一つのシステムに情報が集約されているのはすごくいいことだと思います。
参考文献:ジョブカン公式HP 導入事例ーキングソフト様 https://ex.jobcan.ne.jp/case/case8

 

メリット③ 自由自在な承認ルートで承認作業を効率的に!

カスタマイズ

「ジョブカン経費精算」では、承認ルートをそれぞれのニーズに合わせて、自由にカスタマイズできます。ユーザー名、役職、部署などの一つ一つの項目ごとに承認ルートを作成できますし、階層も自由に設定できます。

 

さらに、承認経路の分岐も自由に行えます。例えば、5万円以下は部長決済、5万円以上は社長決裁など、金額ごとに承認ルートを設定できます。また、閲覧可能者の設定もできるので、特定のユーザーのみが提出された申請書を閲覧できるように設定することも可能です。これらの承認ルートの設定はクリックのみで簡単に行えます。

 

管理部 女性
所属部署や金額に応じた承認フローが設計できるので、特殊な申請内容でない限り、申請者が承認フローを変更する必要がなくなりました。
参考文献:ジョブカン公式HP 導入事例ー日本クラウドキャピタル様 https://ex.jobcan.ne.jp/case/case9

メリット④スマホで簡単! 承認漏れ防止のアラート機能

アラート機能

「ジョブカン経費精算」では、承認期限を設定し、期限までに承認されていない場合は、スマホにメールでアラート通知がくるように設定することができます。chatworkなどのチャットにアラート通知を送るように設定することもできます。社内にいなくてもスマホで簡単に承認作業が行えるうえに、このアラート機能により承認漏れを防ぎ、スムーズに経費精算をおこなうことができます。

メリット⑤ グルーバル化にも対応!多言語に対応している

多くの企業がグローバル化していますので、経費精算サービスも多言語に対応していると利便性が上がります。「ジョブカン経費精算」は英語に対応しているので、画面内の文言を英語に切り替えることができます。そのため、社内の英語ユーザーもストレスなく、このサービスを使いこなすことが可能です。

 

「ジョブカン経費精算」の3つのデメリット

「ジョブカン経費精算」は低コストで必要な機能は揃っており、使いやすいインターフェイスだと高評価を得ています。しかしながら、これから改善の余地のあるサービスでもあります。現時点での4つのデメリットを取り上げます。

デメリット① レシートの自動読み取りができない!

「ジョブカン経費精算」は電子帳簿保存法に対応しており、レシートや領収書を写真に撮って、電子データとして保存し活用することができます。しかし、OCR機能などは搭載されていないので、写真に撮ったレシートや領収書のデータを自動読み取りすることができません。そのため、申請する人はレシートや領収書の内容を手入力する必要があり、これらの手間は導入後も依然としても残ることになります。

デメリット② クレジットカード・ETCカードと連携していない!

他の経費精算システムの多くは、クレジットカード、ETCカード、プリペイドカードと連携して、自動で利用履歴などの情報を読み取り、データとして反映させることができる機能があります。しかし、「ジョブカン経費精算」はクレジットカードと連携していないため、クレジットカード、ETCカードなどの利用を申請する際にも手入力が必要になります。

 

そのため、クレジットカードでの決済やETCカードの利用が多い会社にとっては利便性の面で物足りなさが否定できません。

デメリット③ 交通費の経路が最安値のみ!

「ジョブカン経費精算」はジョルダン株式会社の「乗換案内Biz」と連携しているので、駅名を入力するだけで、経費精算の中でも手間と時間のかかる交通費の精算を簡単に行えます。しかし、他のサービスと比較すると駅名を入力した際に出てくる経路が最安値の経路のみで、選択肢が少ないという声もあります。

 

ただし、下記の口コミにもある通り、これまですべて手作業で交通費の精算を行っていた企業にとっては、「ジョブカン経費精算」の交通費精算機能でも十分にメリットを感じられる場合もあります。

経理部長 男性
ジョブカン経費精算を導入して、便利に感じる機能といえば、やっぱり一番は交通費精算機能ですね。駅名を入れたら自動で経路と金額を出してくれるのが非常に便利との声が多いですね。Googleスプレッドシート管理ではありえないことだったのでみんなに感謝されます。
参考文献:ジョブカン公式HP 導入事例ーピクシブ株式会社様 https://ex.jobcan.ne.jp/case/case7

導入するのがおすすめなのはどんな会社?

「ジョブカン経費精算」はクレジットカードと連携してしないので、コーポレートカードの利用頻度が高い会社には不向きといえますが、実際にどのような会社におすすめのサービスなのでしょうか。

「ジョブカン経費精算」にはワークフロー、勤怠管理、採用管理など姉妹サービスが豊富にありますから、それらのサービスと一緒に導入を考えている会社におすすめのサービスといえます。姉妹サービスと併用することでシステム同士の親和性も高く、すべてのデータを一元化できるので、導入するメリットが感じられやすいでしょう。また、サービスを併用することで割引価格になるので、コストを抑えることができます。

また、承認フローのカスタマイズ機能も高い評価を得ているので、承認ルートを細かく設定したい会社にも向いているサービスといえます。

まとめ

「ジョブカン経費精算」は業界最安クラスのコストで、必要な機能は備えているコスパの良さが人気のサービスです。また、姉妹サービスと併用することで情報を一元化できること、承認ルートを細かくカスタマイズできること、承認漏れを防げるアラート機能は使いやすいと評判です。

経費精算の手間や時間を大幅にカットし、会社にいなくてもスマホから作業ができるようにしたい会社は導入を検討してみる価値のあるサービスです。

おすすめの記事